肝臓癌になる原因と注目の民間療法

肝臓がんを説明する女性

【肝臓癌の発生の理由はウイルス感染】
肝臓がんになる理由は、殆どの場合はウイルス感染が原因というのはご存知でしょうか。C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスが原因になり、肝臓癌の原因の9割を占めています。感染経路としては、おもに昭和の時代における輸血や血液製剤が原因になっていたり、注射針の使い回しが原因になることもあります。医療行為での感染防止が徹底している近年でも、輸血や血液製剤による感染は稀に起きていることです。他人の血液や体液からも感染することがありますので、移さないようにするには個人的な道具(カミソリ、歯ブラシ)などを共有しないことも必要になります。

【肝臓癌になってしまう他の幾つかの要因】
生活習慣病からも、肝臓癌になります。肥満体質が改善できず、コレステロール値が高いという人は、肥満を解消していくことによって肝臓癌になるリスクを低減することができます。
またアルコールの過剰摂取などによっても、肝臓癌のリスクが高くなります。お酒を飲み過ぎているという場合には、減らしていく努力が必要でしょう。
カビ(真菌)に感染することでも肝臓癌に繋がっていきますので、抗真菌薬の投与や、民間療法での真菌デトックスなど相応の対策が必要になります。

【肝臓癌にならないための食事】
肝臓を健康に改善し、肝臓の最良な状態を維持していくための食事療法を考えていきましょう。
肝臓に良いとされている食べ物は緑黄色野菜で、毎日飲むことで肝臓を健康に保つ栄養を補給できます。ナッツ類は肝機能改善に効果があります。
コーヒーを一日に数杯飲む人は、肝臓癌のリスクが下がるという研究結果が出ています。飲み過ぎない程度に飲んでいくと良いでしょう。
近年になり、白砂糖は病気の原因になるといわれるようになってきました。体の菌を増やす原因になるのが白砂糖ですので、極力摂取しないことが必要になります。
果物の糖分は摂取してよく、ビタミン類が豊富になっているので毎日の食生活に加えてみましょう。