その疲労の原因は肝機能の低下によるものかも

肝臓に悪いことを説明する男性

肝臓の機能が低下すると肝臓の働きである血液の毒素の解毒やエネルギーの代謝などの働きが上手くできなくなります。その結果が疲労感として現れてくるのです。神経の通っていない臓器である肝臓は例え機能低下が多少起こった程度では自覚できるほどの症状が出てきません。そのため異常に気づきにくく知らず知らずのうちに酷使してしまい肝機能はどんどん低下していってしまうのです。

肝臓が原因による疲労感を改善するためには、肝臓をいたわってその機能を回復していくしかありません。では、そもそも肝機能が低下する原因はなんなのでしょうか。例えば暴飲暴食などです。

肝臓は摂取された糖・たんぱく質を・脂肪を変質させて蓄える機能があります。つまり、食べ過ぎるとそれだけ肝臓の仕事が増えてしまいますので、負担がかかります。また高タンパクや高脂肪なものは通常よりも分解に手間がかかってしまいます。

アルコールの過剰摂取も肝機能低下の原因になります。アルコールを摂取すると肝臓はアルコールを解毒し無毒化します。大量にアルコールを摂取し続けると肝機能は低下していくのです。

飲食によるものだけではなく睡眠不足や運動不足によっても肝機能は低下します。まず睡眠不足ですが、人は睡眠中であれば起きているほどのエネルギーを消費ません。つまり少ない代謝ですむということです。起きている時間が長いとそれだけ必要なエネルギーが多くなりますので肝臓が働き続かなくてはならないのです。

次に運動不足ですが肝臓は栄養を蓄える機能もありますので、運動によって栄養を消費しないと溜まり続けて、やがては排出するという仕事が増えてしまいます。暴飲暴食を控えて充分な睡眠と運動こそが肝臓を気遣う上でもっとも必要な事なのです。

そして肝臓にいいものを摂取することによって肝機能の低下を回復していきましょう。シジミやアサリには肝臓を守るタウリンが豊富に含まれています。抗酸化作用のある食品を取るようにしましょう。そうすることで肝細胞を攻撃する活性酸素を除去することが出来るのです。

抗酸化作用のある食品としては、大豆や豆腐、ほうれん草、とまと、たまねぎ、かぼちゃなど様々な物があります。日々の生活と食べるものに気をつけて肝臓を気遣った生活をすることで、慢性的な疲労感から開放されて生き生きとした生活をおくることが出来るのです。