肝臓に良い食品はしじみだけではない

肝臓の健康を考える女性肝臓に良い食品として一番良く知られているのが、しじみですね。二日酔いの朝はしじみの味噌汁が効く、と昔から言われています。

その理由は、しじみに含まれるタウリンというアミノ酸にあります。アルコールが分解すると、アセドアルデヒドという有害物質になり、また過酸化脂質に脂質を変化・増大させて肝臓細胞にダメージを与えます。

その有害物質を無害なものに分解したりするのが肝臓なのですが、その活動にはアミノ酸を必要としますアミノ酸を大量消費した事で内臓の働きが弱くなり、分解し切れなかった有害物質が体内に残ってしまうのが二日酔いの原因です。

しじみに含まれるタウリンが、アセドアルデヒドを分解するのを助け、また肝臓細胞を保護してダメージを防ぐ働きをするので、肝臓のアミノ酸の働きも活発になり、二日酔い後の不調を軽減させます。

また、最近注目されている成分でオルニチンというアミノ酸の一種も、しじみには多く含まれています。
肝臓内でエネルギー産生を阻害するアンモニアの解毒を促進してくれる重要な成分で、
アンモニアを解毒するということはエネルギー生成をスムーズにするということに繋がりますので、
体全体の元気力アップに大きな影響力をもたらします。

最近は、多くのオルニチン配合サプリメントも発売されていますので、気になる方は利用してみるといいでしょう。

このように肝臓の働きに必要なアミノ酸、つまりたんぱく質を沢山摂取すれば肝臓も良くなると思いがちです。しかし、肉類や乳製品を過剰に取るのは逆効果です。なぜならば、それらはたんぱく質も多いですがその分油脂も多いために、肝臓に余計な負担をかけてしまうからです。また、中性脂肪や高コレステロールの原因にもなります。

そこでお勧めのたんぱく質は、大豆の植物性たんぱく質です。昔から日本人の食卓に上がっている大豆は、
日本人の体質に最も合った食品といえるでしょう。大豆は畑の肉といわれるほど、栄養豊富でアミノ酸が多種豊富に含まれています。

その中でもコリンというアミノ酸は、アルコールが原因で出来た脂肪を取り除く作用があります。またイノシトールというアミノ酸もコリン同様、脂肪肝の改善に効果があります。

もう一つ、肝機能改善に欠かせない大豆成分があります。それはサポニンで、水と油両方に溶ける性質を持つために、血管内のコレステロールを除去したり、アルコールが原因の過酸化脂質の生成を妨げる効果があります。

大豆はまた、食物繊維が多いので腸内環境も整えられ、カロリーも低いのでカロリー量を気にせずに取れるなど、肝臓だけでなく身体全体にも良い効果を発揮します。

ぜひ参考にして、日々の食事に注意してください。