肝臓癌になる原因と注目の民間療法

肝臓がんを説明する女性

【肝臓癌の発生の理由はウイルス感染】
肝臓がんになる理由は、殆どの場合はウイルス感染が原因というのはご存知でしょうか。C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスが原因になり、肝臓癌の原因の9割を占めています。感染経路としては、おもに昭和の時代における輸血や血液製剤が原因になっていたり、注射針の使い回しが原因になることもあります。医療行為での感染防止が徹底している近年でも、輸血や血液製剤による感染は稀に起きていることです。他人の血液や体液からも感染することがありますので、移さないようにするには個人的な道具(カミソリ、歯ブラシ)などを共有しないことも必要になります。

【肝臓癌になってしまう他の幾つかの要因】
生活習慣病からも、肝臓癌になります。肥満体質が改善できず、コレステロール値が高いという人は、肥満を解消していくことによって肝臓癌になるリスクを低減することができます。
またアルコールの過剰摂取などによっても、肝臓癌のリスクが高くなります。お酒を飲み過ぎているという場合には、減らしていく努力が必要でしょう。
カビ(真菌)に感染することでも肝臓癌に繋がっていきますので、抗真菌薬の投与や、民間療法での真菌デトックスなど相応の対策が必要になります。

【肝臓癌にならないための食事】
肝臓を健康に改善し、肝臓の最良な状態を維持していくための食事療法を考えていきましょう。
肝臓に良いとされている食べ物は緑黄色野菜で、毎日飲むことで肝臓を健康に保つ栄養を補給できます。ナッツ類は肝機能改善に効果があります。
コーヒーを一日に数杯飲む人は、肝臓癌のリスクが下がるという研究結果が出ています。飲み過ぎない程度に飲んでいくと良いでしょう。
近年になり、白砂糖は病気の原因になるといわれるようになってきました。体の菌を増やす原因になるのが白砂糖ですので、極力摂取しないことが必要になります。
果物の糖分は摂取してよく、ビタミン類が豊富になっているので毎日の食生活に加えてみましょう。

その疲労の原因は肝機能の低下によるものかも

肝臓に悪いことを説明する男性

肝臓の機能が低下すると肝臓の働きである血液の毒素の解毒やエネルギーの代謝などの働きが上手くできなくなります。その結果が疲労感として現れてくるのです。神経の通っていない臓器である肝臓は例え機能低下が多少起こった程度では自覚できるほどの症状が出てきません。そのため異常に気づきにくく知らず知らずのうちに酷使してしまい肝機能はどんどん低下していってしまうのです。

肝臓が原因による疲労感を改善するためには、肝臓をいたわってその機能を回復していくしかありません。では、そもそも肝機能が低下する原因はなんなのでしょうか。例えば暴飲暴食などです。

肝臓は摂取された糖・たんぱく質を・脂肪を変質させて蓄える機能があります。つまり、食べ過ぎるとそれだけ肝臓の仕事が増えてしまいますので、負担がかかります。また高タンパクや高脂肪なものは通常よりも分解に手間がかかってしまいます。

アルコールの過剰摂取も肝機能低下の原因になります。アルコールを摂取すると肝臓はアルコールを解毒し無毒化します。大量にアルコールを摂取し続けると肝機能は低下していくのです。

飲食によるものだけではなく睡眠不足や運動不足によっても肝機能は低下します。まず睡眠不足ですが、人は睡眠中であれば起きているほどのエネルギーを消費ません。つまり少ない代謝ですむということです。起きている時間が長いとそれだけ必要なエネルギーが多くなりますので肝臓が働き続かなくてはならないのです。

次に運動不足ですが肝臓は栄養を蓄える機能もありますので、運動によって栄養を消費しないと溜まり続けて、やがては排出するという仕事が増えてしまいます。暴飲暴食を控えて充分な睡眠と運動こそが肝臓を気遣う上でもっとも必要な事なのです。

そして肝臓にいいものを摂取することによって肝機能の低下を回復していきましょう。シジミやアサリには肝臓を守るタウリンが豊富に含まれています。抗酸化作用のある食品を取るようにしましょう。そうすることで肝細胞を攻撃する活性酸素を除去することが出来るのです。

抗酸化作用のある食品としては、大豆や豆腐、ほうれん草、とまと、たまねぎ、かぼちゃなど様々な物があります。日々の生活と食べるものに気をつけて肝臓を気遣った生活をすることで、慢性的な疲労感から開放されて生き生きとした生活をおくることが出来るのです。

肝臓に良い食品はしじみだけではない

肝臓の健康を考える女性肝臓に良い食品として一番良く知られているのが、しじみですね。二日酔いの朝はしじみの味噌汁が効く、と昔から言われています。

その理由は、しじみに含まれるタウリンというアミノ酸にあります。アルコールが分解すると、アセドアルデヒドという有害物質になり、また過酸化脂質に脂質を変化・増大させて肝臓細胞にダメージを与えます。

その有害物質を無害なものに分解したりするのが肝臓なのですが、その活動にはアミノ酸を必要としますアミノ酸を大量消費した事で内臓の働きが弱くなり、分解し切れなかった有害物質が体内に残ってしまうのが二日酔いの原因です。

しじみに含まれるタウリンが、アセドアルデヒドを分解するのを助け、また肝臓細胞を保護してダメージを防ぐ働きをするので、肝臓のアミノ酸の働きも活発になり、二日酔い後の不調を軽減させます。

また、最近注目されている成分でオルニチンというアミノ酸の一種も、しじみには多く含まれています。
肝臓内でエネルギー産生を阻害するアンモニアの解毒を促進してくれる重要な成分で、
アンモニアを解毒するということはエネルギー生成をスムーズにするということに繋がりますので、
体全体の元気力アップに大きな影響力をもたらします。

最近は、多くのオルニチン配合サプリメントも発売されていますので、気になる方は利用してみるといいでしょう。

このように肝臓の働きに必要なアミノ酸、つまりたんぱく質を沢山摂取すれば肝臓も良くなると思いがちです。しかし、肉類や乳製品を過剰に取るのは逆効果です。なぜならば、それらはたんぱく質も多いですがその分油脂も多いために、肝臓に余計な負担をかけてしまうからです。また、中性脂肪や高コレステロールの原因にもなります。

そこでお勧めのたんぱく質は、大豆の植物性たんぱく質です。昔から日本人の食卓に上がっている大豆は、
日本人の体質に最も合った食品といえるでしょう。大豆は畑の肉といわれるほど、栄養豊富でアミノ酸が多種豊富に含まれています。

その中でもコリンというアミノ酸は、アルコールが原因で出来た脂肪を取り除く作用があります。またイノシトールというアミノ酸もコリン同様、脂肪肝の改善に効果があります。

もう一つ、肝機能改善に欠かせない大豆成分があります。それはサポニンで、水と油両方に溶ける性質を持つために、血管内のコレステロールを除去したり、アルコールが原因の過酸化脂質の生成を妨げる効果があります。

大豆はまた、食物繊維が多いので腸内環境も整えられ、カロリーも低いのでカロリー量を気にせずに取れるなど、肝臓だけでなく身体全体にも良い効果を発揮します。

ぜひ参考にして、日々の食事に注意してください。

肝臓をいたわる方法

健康的な女性肝臓は、24時間365日働いています。その肝臓を我々は、知らず知らずに痛めつけているケースがあります。肝臓と言えば、アルコールの分解だけと思っている方も多いですが、解毒作用やコレステロールを分解させる胆汁を作ったりしています。つまり、お酒を飲まなくても、ずっと働いているわけです。

肝臓をいたわる方法として有名なのは、お酒を飲まないことです。休肝日を作ると言われますが、厳密には、間違っている表現だと言えます。後、有名なのは、しじみです。しじみ以外にも貝類は効果的であると言われ、特にお吸い物がよいとされています。これは、事実なのですが、肝機能を高めるのはタウリンであり、別にイカやタコにも多く含まれており、代用が可能です。

ちなみに、肝臓によいとされる鉄分が多いウコン、レバー、ほうれん草等は、効果がないそうです。むしろ過剰に摂取すると肝臓を傷める可能性があるだけでなく、肝臓病の人は、摂取してはいけない食べ物だそうです。どこから、そのような事が言われだしたのか不思議です。解毒作用がある肝臓ですから、鉄を毒とみなしてより反応や活動するため、弱った肝臓にとっては逆効果のようです。

タウリンばかりが注目されますが、やはり、重要なのは、栄養のバランスが取れた食事と適度な運動のようです。体の構造は、密接に関わっており、局所的に悪くなるという原因は、お酒の飲みすぎや刺激物の取りすぎであるケースが多いようです。肝脂肪という言葉を聞いた事があると思いますが、機能低下の原因となります。肉類の脂肪を控え、適度な運動をする事により、肝臓に脂肪が付きにくくする事ができます。こういう運動も予防医学というか肝臓をいたわる方法と言って差し支えないと思います。

細かい事を申し上げると、肝臓の酵素は、たんぱく質から作られているため、良質のたんぱく質である青魚や大豆等の摂取も推奨されています。このように、お酒以外にも気をつけるポイントがたくさんあります。暴飲暴食や刺激物の大量摂取は、何も肝臓に限らず、他の臓器にとっても悪いことです。栄養のバランス、適度な運動と睡眠、これらは他の臓器同様、肝臓にとっても大事なことです。

肝臓に絶対的効果をもたらしてくれるしじみ

肝臓のことを話し合う若い男女肝臓はお酒を飲みすぎると弱ってしまい、それが強すぎると肝硬変等を引き起こして生活が困難になります。あまり飲まないと言うことが大切なのですが、付き合いで飲まなければならないことも多くあります。そんな時に効果を発揮してくれるのがしじみです。しじみは肝臓にいい効果を持っているので、食べることによって肝臓の機能を元に戻してくれます。

しじみには肝臓に効果をもたらすオルニチンが含まれており、この成分が肝臓の機能を元に戻そうとしてくれるのです。2日酔いをしないための効果もあるので、お酒をよく飲む方には向いています。何と言っても解毒作用を持っているという点が素晴らしく、肝臓の負担を一気に和らげてくれるのです。そのためお酒を飲む方は、しじみのサプリメントを飲んではどうかと言われるのです。

しじみは食べることによって一番効果を発揮してくれますが、毎日食べると言うのはなかなかできないと思います。それに毎日食べるのは飽きてしまう可能性があるので、とても続けていけるものではありません。折角の栄養を肝臓に与えないのはよくないので、サプリメントで補うことが必要なのです。この時利用するのは、カプセルタイプの方がいいと思います。カプセルで直接しじみの成分を与えた方が、肝臓にはいい効果をもたらしてくれるからです。

どうしてもサプリメントが苦手だと言う方には、しじみを佃煮にして、保存がきくような感じで調理するといいかもしれません。佃煮にすることによって、更に栄養面での増加が期待できます。しじみ本来の成分を残しつつも、美味しく食べていくことが大切なので、毎日食べられるような調理法は欠かせないのです。サプリメントは無理だと言う方には、ご飯に混ぜたり佃煮にして少しずつ食べたりと言う方法がお薦めです。

肝臓にはしじみが効果的だと言うのは間違いありません。これは研究結果から分かっていることなので、より積極的に食べた方がいいと思います。肝臓に栄養を与えてくれる食物は少ないので、数少ないしじみと食材を上手に使って欲しいです。

肝臓とアルコール

肝臓のことを考える男女肝臓は物言わぬ臓器と言われています。それほどなかなか病状が表面化しない臓器なんです。逆になんらかの症状があらわれたらそれはかなり悪化していることになるため、注意が必要な臓器です。

肝臓とアルコールはとても密接な関係があります。よくお酒を毎日のように飲む方は休肝日をもうけましょうと言われます。飲みすぎずにうまく付き合えば百薬の長とまで言われるお酒ですが、飲み過ぎると肝臓に悪影響が出てきます。

肝臓の働きは多岐にわたり、なんと500種類もの化学反応を短い時間のうちに行われています。アルコールも肝臓で分解吸収されて中性脂肪などに変わってエネルギーとして体の細胞に送られ、不要なアルコールは炭酸ガスと水になって排出されています。

肝臓が正常にこの分解能力を果たせる量には個人差はありますが、男性で1日日本酒約2合、女性なら約1合と言われていますので、それ以上のアルコールは肝脂肪へと変わり、徐々に肝機能が低下していってしまいます。

これをほっておくことで症状が悪化し、最悪肝炎や肝硬変などといた重篤な病気へと進行してしまうため、特に注意が必要です。会社などの健康診断でγGTPの数値が高いと言われている方は主にアルコールの取りすぎが原因になっています。試しに何日かアルコールを控えて再検診すると数値は下がっているといったことがほとんどです。

アルコールをやめれば治るからといった軽い考えはやめましょう、肝臓の状態が悪くなるにつれてアルコールをやめても改善しずらい状況になってしまいますので、やはり過ぎた飲酒はやめて最低でも週に2日は休肝日をもうけて夜食なども控えるようにすることが重要です。

お酒は飲まないから大丈夫という方も安心はできません、最近はアルコールが原因ではない脂肪肝といった持病をお持ちの方も増えています、そういった脂肪肝からも肝炎といった重篤な症状に進行することもありますので、運動や糖分の取りすぎといった生活習慣を見直すことも大事です、とにかく肝臓に関しては油断大敵です、健康的な生活習慣を身に付けることが一番大事なことです。

肝臓が弱ってきた時の自覚症状

体調不良の中年女性肝臓の主な働きには、物質の代謝、解毒、担汁の生成があります。本来健康な肝臓は、再生能力がとても高い臓器です。例えば肝臓移植などでは、ドナーの肝臓を3分の1切除しますが、2ヶ月ほどで元の大きさに戻ります。ある程度のストレスには耐えてくれる肝臓ですが、限界を超え、機能が低下すると体全体に様々な問題が起こります。

下記に肝臓が弱った場合に出る自覚症状を挙げます。

・体全体が黄色くなる
体のいたる所が黄色みがかった色になります。特に症状が現れやすいのは、顔、手のひらや足の裏、胸部、腹部などです。また、眼球の白目の部分にも症状が出ることがあります。いわゆる黄疸と呼ばれるものです。

これは血液中に含まれるビリルビンという物質が、多くなりすぎたために起こる症状です。ビリルビンは通常、肝臓に運ばれた後に代謝が行われますが、働きが弱っている為にこのような症状が現れます。

・肌に赤い斑点がでる
肝臓病になった人に見られる症状です。くも状血管腫と呼ばれるもので、直径1cm前後の赤い点の周りにくもの足のように血管が浮き出て見えます。また、手のひらの親指と小指の付け根部分が、赤くなる手掌紅斑も同じく肝臓病の症状として知られています。

・肩や全身のコリ
肝臓が弱ってくると、筋肉を包んでいる筋膜や腱が硬くなってしまいます。そのため、体全体の柔軟性が失われて、凝りやすい体になります。

・全身がけだるく常に疲れている
肝臓は体内のアンモニア等の毒素を浄化する働きがあります。この機能がうまく働かないと、体外に疲労物質や老廃物をうまく排出することが出来なくなります。そのため、疲れが取れにくい体になってしまします。

・脂っこいもので消化不良、吐き気を起こす
肝臓は脂肪分を分解するのに必要な胆汁を作りだす器官です。急性肝炎などで担汁が出にくくなると、消化がうまく行えなくなります。ひどい場合には、揚げ物の匂いを嗅いだだけで吐き気をもよおすこともあります。また、それに伴い腸内のバランスも崩れ、ガスが溜まりやすくなるなどの症状も出ます。